弁護士は敷居が高い

みなさんは、弁護士と聞くとどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。テレビドラマなどでは、裁判における弁護がお馴染みかもしれません。犯罪にまつわる弁護においても、なくてはならない存在です。ですが、そうした重大なシーンばかりで活躍するのが弁護士というわけでもありません。実は、身近な問題を相談する相手としても、大いに助けになってくれます。敷居が高いような印象もあるかもしれませんが、決してそうでもないのです。

パソコンその理由を説明する上では、弁護士や弁護士団体のホームページが参考になります。重大な犯罪に関する相談だけでなく、比較的小さな、身近に起こり得るような相談事例などを紹介しているところも少なくありません。もちろん、借金トラブルに関しても相談の多い内容のようで、詳しく紹介しています。

たとえばある有名な団体においては、このような問い合わせが多くあると紹介されています。返済方法の相談や、払い過ぎた利息の返還、多重債務問題、グレーゾーンの意味が知りたい、などなどです。ちょっとした問題どころか、問題が起こる以前の相談さえみられます。このように、弁護士だからといって身構える必要はなく、気軽に相談しても問題ないのです。